合宿免許が安い日向自動車学校。格安、激安の料金プランで福岡、大分、鹿児島、長崎、熊本など九州各地や関西から人気の合宿免許です。

日向自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

0982-54-5161
営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)
日向自動車学校職員&体験談&口コミ&評判ブログ
教習と心の
ご案内

教習と心

2014年1月24日

未分類


 こんにちは!小山です。

 寒い日が続いたと思えば日中は暑いと思うくらいに気温が上がり、体調をコントロールすることが大変な季節になっていますね。
最近は、院内感染やインフルエンザによる学級閉鎖などが世間を騒がせています。みなさんは大丈夫ですか?
 手洗い等確実に行ってしっかり予防をしましょう。

 今回は事故の話しをしたいと思います。私が学生時代の頃のことです。私の前を他の学生が自転車で通行していてその自転車が
たまたま信号待ちをしている大型ダンプの左側を通り抜けようとして、その大型ダンプと歩道側のガードレールとの間にその自転車が
入りこんだときに、信号が青色に変わり、大型ダンプは左折をしようと動き出した。

 結果、その学生は私の目の前で大型ダンプに挟まれて無残なことになってしまいました。
 
 その自転車が車道上に隙間をみつけて、様子を見ることなく飛び込んでしまった事が最大の原因ではありますが、
大型ダンプが合図をつけていたのかどうか? また信号機が本当に青色に変わったのかどうか? 
大型ダンプの運転手は、左折前の注意をしたのかどうか? などなど、いろいろその状況を考えていくといくつもの危険要素になるものが
出てくるようです。

 私がこの自動車学校という職場に関わったのは、学生時代のこの記憶がどうも大きく影響しているようです。

 状況判断、合図の正確さ、安全確認の重要性・・・普段教習中に何度となく、教習生に伝えている言葉です。今は、危険予測という項目があります。学科試験も危険場面(絵の問題)を見て危険を予測するタイプになっています。

 ぜひみなさんもインフルエンザなどの予防をすることと同じよう危険予測という手段を使って、安全運転を続けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


mitu

カテゴリー

沼口旅館