合宿免許が安い九州、宮崎の日向自動車学校。格安、激安の料金プランで福岡、大分、熊本から東京、大阪まで全国から人気の合宿免許です。

日向自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

0982-54-5161
営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)
運転免許についてのご案内
運転免許について
のご案内

運転免許について

教習所を探すのも大事ですがまずは免許ってそもそも何なの??ッていう疑問をもってもいいじゃない!?という方たちのために解説ページを設けさせていただきました。 いろいろな参考資料等を元に様々な角度から運転免許、自動車等について少しでも皆様が知識、教養を身に付けていただければ幸いでございます。

自動車、運転免許重要語句について

運転免許法改正前と改正後の違いについて

平成16年6月に公布された道路交通法の一部を改正する法律が平成19年6月2日に施行されました。

自動車税一覧

自動車税一覧を表にまとめ説明いていきたいと思います。

違法駐車対策について

違法駐車・放置車などの、運転者の責任追及ができない場合において、放置車両の使用者に対して「放置違反金」の納付が命じられます。

危険運転致死傷罪について

近年増加傾向にある悪質な自動車事故に対する罰則強化を求める声が、交通事故被害者や遺族から高まったことを受け、平成13年の刑法改正により危険運転致死傷罪が新設された。

携帯電話等の使用等に関する罰則の見直し

自動車や原付バイクの運転者が走行中、携帯電話等を手で保持して通話、メールの送受信等のために、画像表示用装置を手で保持して注視した場合、道路における交通の危険を生じさせなくても罰則の対象となりました。

二人乗り規制見直し(平成17年6月までに施行)

首都高速道路、名神高速道路の供用開始後、二人乗りによる人身事故が多発したことを背景として昭和40年以降規制されていた高速道路(高速自動車国道/自動車専用道路)上の自動二輪車の2人乗り走行については、警察庁が走行実験を実施した結果、「急ブレーキや急な進路変更がなければ、1人乗りに比べて著しく危険とはいえない」と判断し、解禁を決めた。

交通違反の点数と反則金

交通違反の点数と反則金について説明していきたいと思います。

取り消し処分者講習

運転免許の拒否もしくは取り消し(再試験の取り消しを除く)処分を受けたものの多くが再び運転免許を取得していること、そしてそれらのものの免許取得後の交通事故率が運転者全体のそれと比べて著しく高いのです。

再取得した免許証の有効期間

失効後に免許を再取得した場合、最初に免許を受けたのと同じことになるので、『適性試験を受けた日後の3回目の誕生日の1ヶ月後の日』までの有効期間となります。

タイヤ点検について

空気圧不足の場合とエンジンオイルについての点検方法を紹介してます。

自動車保険について

強制保険とは、自動車の使用者に対して、加入が義務付けられている保険であり、自動車損害賠償責任保険(自賠責、自賠)や自賠責共済のことです。

中型自動車・中型免許の新設

●自動車の種類として車両総重量5トン以上11トン未満の中型自動車を新たに設け、これに対応して、中型免許及び中型第二種免許が新設されます。

反則行為と反則者について

●新期間内に免許証の更新を受けなかった場合、免許は運転免許としての効力を全く失います。 これを運転免許の失効といいます。

運転免許の失効について

>新期間内に免許証の更新を受けなかった場合、免許は運転免許としての効力を全く失います。 これを運転免許の失効といいます。

海外在住時の運転免許更新はどうすればいいの?

従来の更新期間は、誕生日の1ヶ月前から誕生日までの1ヶ月間でしたが、平成14年6月1日に施行された改正道交法により、更新期間は「誕生日をはさんだ2ヶ月間」となりました。

自動車、運転免許重要語句について

>運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語や知識について一緒に勉強&復習をしてみませんか?

運転免許センターについて

運転免許証の交付は全国の運転免許センターで行います。●転免許試験場(うんてんめんきょしけんじょう)または運転免許センターは、日本では自動車運転免許の新規交付・更新・記載事項の変更等を行う機関です。

牽引免許について

けん引するための構造及び装置を有する大型自動車・普通自動車・大型特殊自動車で、重被牽引車をけん引する場合には、けん引する自動車の免許を受けている他に、けん引免許を受けていなければなりません。

運転免許取得条件について

運転免許にもさまざまな種類があります!そんな運転免許の種類を把握し、自分のほしい運転免許をしっかりと理解認識しておりましょう!

第二種免許の種類について

自動車の運転免許は(1)第一種運転免許 (2)第二種運転免許 (3)仮免許 の3種類に分ける

自動車の運転免許について

自動車及び原動機付自転車を運転するためには公安委員会の運転免許を受けていなければなりません。

自動車税

自動車に関わってくる主な税金として、自動車税、自動車取得税、自動車重量税の3つがあります。 自動車税とは自動車(軽自動車を除く)を所有している人に課税される都道府県税で、毎年4月1日に、運輸支局に登録されている車の所有者にかかる税金です。