合宿免許が安い日向自動車学校。格安、激安の料金プランで福岡、大分、鹿児島、長崎、熊本など九州各地や関西から人気の合宿免許です。

日向自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

0982-54-5161
営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)
運転免許についてのご案内
雨や霧の自動車運転の交通安全
のご案内

雨や霧の自動車運転の交通安全

霧の日の自動車運転とはどういうものか・・・・?

霧っていきなりでてきませんか?
皆さんは自動車運転中に霧に遭遇されたことはございますか?霧のときは視界がかなり悪くなってきます。
全照灯や霧灯を点灯させたり、対抗自動車などに自分の自動車の存在をしらせるために警音器を使用ながら運転を行うことをしながら自動車速度を出来るだけ落として慎重かつ安全な自動車運転をする必要があるといえます。

霧の日の自動車運転時の前照灯などの使用について

霧のときの自動車運転は前照灯や霧灯を出来るだけ速めに点灯させるようにし、中央線やガードレール、前車の尾灯を目安にし、自動車の速度を落としながら慎重に運転をおこなう必要があるといえます。

霧の日の警音器使用について

霧の日の自動車運転中に危険防止をはかるために必要に応じて警報器を使用します。
四輪自動車の場合は窓を開けて、音を聞いて他の自動車の動きを確認しましょう。

雨の日の自動車運転とはどういうものか・・・・?

雨の降る日は司会も悪くなるのは当然ですがそのほかにも自動車を運転する上で注意しなければいけない点がいくつもあります。
ここではそういった雨の日の自動車運転中のさまざまな注意点について一緒に考えていきたいと思います。
雨の日の運転で一番気をつけないといけない点としては路面が滑りやすい点と視界が悪い点でしょう。
さらに、雨天時は歩行者もかさなどを指しながら足元などに注意がいっていることが多いため、自動車運転者にとってはさまざまな悪条件が重なるという事実も 校了した上で慎重かつ安全な自動車運転を心がける必要があるといえます。

雨天時の自動車運転の視界について

雨の日の自動車運転視界はワイパー作動範囲に狭まれてしまい、周囲の状況や運転環境などの状況判断が通常の運転時よりも困難になるのは確実です。
ワイパー作動が鈍くなってりすると運転中の視界はさらに悪くなり、雨天時の自動車運転の大きな障害となってしまいますのでワイパーに関しては常日頃からの点検整備が必要です。
また、窓ガラス自体も雨天時の運転ではどうしても曇りやすい状態になってしまいますので、エアコンやデフロスターをうまく利用したり、運転前に曇り止めス プレーなどを使用することにより雨天運転時視界を出来るだけよくできるように心がけましょう。
また、昼間の雨天時の自動車運転中にどうしても視界が悪いときは、昼間でも自動車のライトをつけるようにしましょう。
特に高速道路などでは対向車などの大量の水しぶきにより視界がいきなり悪くなることもあるので自動車ライトを点灯させ自分の自動車の存在を対向車に知らせるようにこころがけましょう。

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

山道などを運転しているといつの間にか知らない道なんかに出てしまい、荒れた道に入ってしまうことなんかありませんか?
そういうところでは長い間整備が行き届いておらずに深い溝などが出来ていたり、アスファルトでない土で出来た道で合ったりすることがあります。
ぬかるみなんかがある場合は、低速ギアを友好的に運転に使用し、速度を一定に保ちながら進行していくように心がけましょう。
また、そういった環境での自動車運転中は、急ブレーキや九加速や強引過ぎるハンドル操作などは行わないようにしましょう。
また、土ぼこりなんかが多い場所なんかでは、雨降りはじめには舗装道路の表面の土ぼこりがオイル状態に変化し自動車がスリップしやすくなってしまう場所があるので特に運転注意が必要だといえます。
地盤の緩んでしまっている山道なんかでは運転中などに道路自体が崩れてしまうケースがあるようなので自動車運転中は路肩により過ぎた運転はしないように心がけましょう。
また、自動二輪車などで砂利道なんかを走行するときには、体が振動してしまうので両膝を軽くまげてステップ上に立ち、中腰姿勢になって、両腕の力を抜くよ うにしてハンドルをしっかり握り、両膝でタンクを抑えるようにしてから衝撃を吸収し、バランスをうまくとって運転していくようにしましょう。