合宿免許が安い日向自動車学校。格安、激安の料金プランで福岡、大分、鹿児島、長崎、熊本など九州各地や関西から人気の合宿免許です。

日向自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

0982-54-5161
営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)
運転免許についてのご案内
二輪車運転の危険性
のご案内

二輪車運転の危険性について

スピードや距離の判断を誤りやすい

二輪車は四輪車に比べて車体が小さいため、四輪のドライバーは二輪車のスピードを実際よりも遅く判断したり、二輪車との距離を遠く判断してしまいがち。それにより、右折時などに接近してくる対向二輪車を見て、自車のほうが先に行けると考えて右折し、二輪車と衝突する事故事例がありますので注意しましょう!

サイド(ドア)ミラーの死角に入りやすい

左側方を走行する二輪車の見え方は、四輪車との位置関係によって変わってきます。
サイドミラーの死角に入ってまったく見えないことがあるほか、車体が小さいため、後方にある場合映っていても見落としやすいとうリスクがついてきます。

急な進路変更をする

二輪車のなかでも原付バイクの場合は、道路の左端を走行することが多いのですが、道路の左端には駐車車両などさまざまな障害物があり危険です。バイクのライダーは常に直前の路面が気になって視線が下を向きがちになり、周囲の状況に対する注意が欠けてしまうことがあります。

急ブレーキをかけると転倒する

二輪車は四輪車と違い、急ブレーキを踏むとバランスを崩し転倒するおそれがあります。二輪車が転倒しライダーが路上に放り出されると重大な事故につながります。

大型二輪車以外の二輪車は、約1メートルの間隔があれば通行できるといわれています。それをいいことに車のすき間などを見つけ進入してくることがあります。特に渋滞時には、自動車の間を縫うように運転をする二輪車が目立ちますが大変危険ですね。

二段階右折の方法をちゃんと理解しておこう!

「二段階右折」というのは、交差点で右折する際に、左端車線からいったん直進し、交差点の向こう側で止まって交差側の信号が青なってから進行する右折方法です。